上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
poster03.gif

映画「交渉人真下正義」を見ました。
踊る大走査線の真下正義(ユースケサンタマリア)が主人公となる作品です。
映画としてはもう一・二歩欲しかったですが、現実っぽい雰囲気があって、まぁまぁ面白かったです。

物足りないなぁと思ったのが、犯人の動機と地下鉄の新型車両の特徴です。
動機に関しては、「強い憎しみ」みたいなのでは無かったようで、そこいら辺が今っぽいかなと思いました。
もうひとつの新型車両の特徴は、一応生かされてはいるんですが、もう少し大きく取り上げてもよさそうな気がしました。

面白かったところは、
よくある演出かもしれませんが、オーケストラ?の演奏が、視点を変えてもそのまま流れてて、話の盛り上がりと曲の盛り上がりを同時に迎えるとこなんかはドキドキしました。
あと、最後の方に主人公の真下と犯人が接近した場面は、なかなか感慨深いものがあってよかったです。

面白かったって言う人とつまらなかったって言う人と分かれそう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sunifudon.blog9.fc2.com/tb.php/9-f3783b1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。