上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.09.07 姑獲鳥の夏
この間、『姑獲鳥(うぶめ)の夏』(京極夏彦)を読みました。

だいぶ前に友達からオススメと言うか「こんなの読んだよ」と言うことで借りたのです。

でも、どうも硬そうな感じがして、永いこと敬遠していました。

この間その友達と飲みに行った時に「読めよ!」ってハッパを掛けられ、やっと読み始めました。

今度、映画になるそうですね。
そんな話題も読み始めるキッカケになりました。


あくまで個人的な感想ですが、残念ながら不完全燃焼でした。

まずひとつめに、一章一章がかなり長い・・・。

読み進む為にすごいパワーを必要とされた気がします。

そして二つ目に、文章がとっても“もったいぶっている”のです。
ミステリーなので、しょうがないのでしょうかね?
時にはイライラしてしまいました。

最終的な事件のタネ明かしを読んでも、
「そんなのアリか!?」
って感じてしまいました。 ( ̄へ ̄|||) ウーム

主人公の座右の銘
「この世には不思議なことなど何もないのだよ」
という考えは、なかなか読んでいて面白みを感じましたが・・・。

実は私はミステリーは初めてだったので、分かっていないだけかも知れません。

そんな感じでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sunifudon.blog9.fc2.com/tb.php/68-616f1c87
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。