上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行ってきました。 横浜マリノス×FCバルセロナ

結果は3対3で引き分けだったのですが、それだけゴールシーンがあって楽しめました。

開始0分でマリノスが先制して、盛り上がりそうな雰囲気はヒシヒシと感じました。

リーガエスパニョーラで優勝したバルセロナですから、どんなプレーが見れるか期待せずにはいられなかったです。

でも、前半に世界レベルのプレーを見せてくれたのはシャビぐらいだった気がします。
マリノスのドゥトラがマークに付いているんですが、逆サイドから一気に前線のサイドにはっているシャビにパスが来るんです。

ドゥトラは逆サイドにボールがあるときは、サイドにはっているシャビだけを見ているわけには行かないので、ある程度中央も意識してポジショニングしているんですよ。(当たり前だけど)

でも、サイドチェンジでシャビに入るパスが速いボールなので、パスが出された瞬間にシャビに寄せていっても、ひとタイミング遅くて競ることができないんですよ。
しかも、シャビも逆サイドからのパスをダイレクトでパスやシュートするんですよ。(バルサの1点目は、もろにソレでした・・・興奮した!)

ドゥトラサイドは完全に支配されてましたねぇ。。
オフェンスになっても全然上がって行きませんでしたからねぇ・・・。
マイボールならば、無理しない程度に上がらなきゃダメでしょ。
ドゥトラが上がった場面が一度あったのですが、やっぱりシャビは付いてくるんですよね。

加地がそこいらへんを理解しているようなポジションとるんですよ。

とにかくドゥトラがお手上げぐらいのプレーを、シャビが魅せてくれたってことです。

後半はお互いに中盤にスペースがあって、デコが世界レベルの個人技を魅せてくれました。

楽しかった! 見た甲斐はあったと思う。

詳しい試合内容はこちら

↓PKの判定に抗議するバルサイレブン
20050612234031.jpg


↓キーパーより高いヘディングするラーション
20050612234346.jpg


↓ヒーローインタビューのデコ
20050612234428.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sunifudon.blog9.fc2.com/tb.php/33-67c0b332
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。